かつらでコンプレックス解消

薄毛が気になったらまず病院へ

私たちの身体が「変調」をきたすのは、ただ「どこか身体の中に悪いところがあるのだ」ということではないかもしれません。もちろん、疾病などで身体のさまざまなところに症状が現れるということもあるのですが、原因は「目には見えない部分」かもしれません。

私たちは実際に思い通りに動かせる「身体」と、それを制御する「頭」を持っているものです。ただ、「頭」は理屈を並べるだけの部分ではなく、感覚や感情なども左右しているのです。外界からのさまざまな刺激を理解し、自分なりに判断して、「不愉快だ」とか、逆に「心地いい」であるとか、さまざまな状態を実感させてくれるのです。物理的に「暖かい」とか「寒い」というような事象を肌で感じ取り、そのように理解することとは別に、その状態が「自分にとってどうなのか」ということを理屈抜きで実感させてくれるのです。

「精神と肉体」とはよく言ったもので、私たちは実際に外界と接している肉体を自分の精神が理解していると考えています。肉体的な苦痛は精神的にも負担であり、肉体的に不愉快であることは、精神的にも不愉快なのです。また、その逆で精神が病んでいるために肉体にそれが反映されてしまうということもあるもので、肉体的に健全でも精神が健全でなければ、肉体が健全ではない状態と同様のことが、その肉体に起こるのです。

頭髪の悩みというものは、一日や二日で解消できることではありません。「気になり始めた」頃からずっと続くものなのです。そのような悩みを一旦抱えてしまうと、それは「頭髪の量の増減」でしか、自分では判断がつかないもので、しかもそれは日によって感じ方が違ったり、散髪をしたら変わってしまったりするものです。要するに「自分では正常な判断ができない」ということなのです。ですが誰にも打ち明けることができず、自分だけで抱えこんでしまい、コンプレックスになり、そのまま「ストレス」と化してしまうものです。そのようなストレスは、身体にも悪影響を及ぼすもので、度が過ぎると「円形脱毛症」などのもっとも影響が出て欲しくない部分に影響が出ることになってしまうかもしれません。

そのようなことになってしまうと、「少し自分が気になった」というだけのことが「一番影響が出て欲しくない場所」に追い打ちをかけるというありえない状態に陥り、さらなる悪循環になります。そのようなことを防ぐためには、「専門医」のチカラを借りる他ないのです。「薄毛」を医学で専門的に取り扱っている医師は沢山います。「治療できるかもしれない症状」として、検査を受けることができるのです。もしも、それが「精神的なものによる一時的な症状である」とわかったとすれば、その時点でその「精神的な負担」が解消されるということになります。精神的な負担が解消されたとすれば、一気に薄毛の症状が好転するかもしれないのです。

自分で抱え混むだけでは、もしかすると自分で自分の頭髪を減らしてしまっているのかもしれません。誰か専門的にわかる人に委ねることで、その悩みと頭髪の症状が一気に回復するかもしれません。それは必ず解決するとは言い切れないのですが、自分だけで悩むよりはいいのではないでしょうか。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る