かつらでコンプレックス解消

自分のキャラクターを考える

頭髪は自分を構成する重要な要素です。人はだれもが顔はバラバラ、身長もさまざま、体型もさまざまです。声から何から、普段着る洋服の好みまですべて、バラバラなのです。

それが私たちの「個性」でもあります。私たちを構成するひとつひとつの要素が、私たちの個性を支える重要な要素なのです。私たちはそれらをすべて受け入れて生きていますし、ときにはそれらに反抗し、「自分を変えたい」と考えて行動したり、努力したりするものです。ひとつひとつの細かい要素が私たちを構成する要素ではあるのですが、ものすごく些細なことの積み重ねではあるのですが、それらが少し違うだけで、何かが違うだけで、人から見られる印象はかなり違うものになってしまうものなのです。

自分自身の持つ特徴がどうしても「嫌だ」という場合には、それは「コンプレックス」などという言葉で表されるような心理状態になってしまいます。中には「背が低い」ということや、「顔立ちが気に入らない」ということまで、さまざまな「嫌なこと」があるでしょう。それらの「どうしようもないこと」は、何かで補うことは出来ても、ただ補えるだけです。生まれ持った顔や、成長が止まってしまった段階での身長は、もうどうしようもないことなのです。それらは「自分自身」として受け入れなければいけないことの代表格です。それらは案外、自分しか気にしていないことであったりするもので、他の人から見たら「全然変ではない」というようなこともあります。その状態を受け入れられないのは自分だけかもしれません。

自分自身をどう捉えるのか、ということは「自分のキャラクターを理解する」ということでもあります。自分がどのような人で、周囲からどのように見られているのか、自分は人に対してどのような影響を与えることができるのか、そのようなことを理解することが「自分のキャラクターを理解する」ということで、言い換えれば「自分を受け入れる」ということでもあります。世界にひとりしかいない、「自分」を自分で受け入れるということです。

頭髪は、確かに「自分」を構成するひとつの要素です。ですが、自分が気にしていることなど、もしかすると周囲はまったく気にしていなくて、唯一自分だけが何か「気に食わない」と考えているのかもしれません。自分で「最高だ」と感じることが、人にとってはどうでもいいことだったりするのかもしれません。私たちは日々そのような「どうでもいいこと」を気にしながら生きているものです。日々自分に対して望みを持ち、自分にはない人の魅力を羨み、自分もそうでありたいと考えるものなのです。ただ、それは「お互い様」であるかもしれず、自分だけが自分にコンプレックスを持っているわけではないということ、そのような不満がある「自分」のことをそのような「キャラクター」として受け入れてくれている人がいるということ、そのようなことに少し思いを馳せてみてはどうでしょうか。自分が自分でいるためには、自分で自分のことを受け入れる必要もあるのです。そして、もしかすると自分自身よも先に、自分のことを受け入れてくれている「誰か」がいるのかもしれないのです。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る