かつらでコンプレックス解消

悩みを共有できるコミューン

人は「悩む」ものです。なにも悩みがない、完璧な人間などはいないもので、みんな何かに悩んでいるのです。「頭髪」 に対する悩みは、デリケートなものであるため、誰が悩んでいるのかがわかりづらいのです。

私たちは「集まること」が好きです。私たちの本質が「コミュニケーションをとること」にあるため、私たちは誰かと集まりたいのです。それはどのようなきっかけでもいいのです。同じ趣味を持っている人同士が、同じ場所に済んでいる人同士が、そして同じ悩みを持った人同士が、集まって互いのことなどを話すのです。ただ話すだけではないのです。ただ話すだけではなくて、それによって生まれるものは「連帯感」であったり、「共感」であったりするのです。「悩み」はコミュニティを作る「素」になり得ます。

デリケートな悩みであればあるほど、私たちは人に隠すものです。誰にも知られたくないから、自分だけで悩むのです。自分だけで悩むから、なかなか明るい考え方ができないものです。デリケートな悩みであればあるほど、それは深く落ち込んでいき、誰からも救われないまま、自分の心の中だけでどんどん落ち込んでいくのです。それは精神衛生上よくないことで、誰にも相談しないから、誰からも助言や励ましが得られない、だから自分だけでどんどん落ち込んでいく、そしてそれが「ストレス」になって、さらに深く落ち込んでいく、ということの繰り返しになってしまうのです。

私たちは誰かに自分のことを話したり、自分のことを知ってもらったり、何かを他の人と共感したりしながら、少しずつ「心」を癒されながら生きているものです。誰かと話すことは「ストレス」を軽減することでもあり、誰かに自分を認めてもらったり、誰かが自分のことを理解してくれたりすることで、「自分の居場所」を見つけられるものなのです。誰にも知られていない、誰にも興味をもってもらえない、誰も見向きもしない状態は、精神的に不健全です。

誰にも言えない悩みでも、同じ悩みをもった人とであれば共有できるかもしれないのです。自分と違う境遇で、だけど同じ悩みを持った人とであれば、その悩みを持つ人にしかわからないことなどが共感できるかもしれません。同僚はもちろんのこと、家族や友人にさえ言えない悩みでも、自分と同じ悩みを持った人とであれば共有できるかもしれないのです。そうして少しでも心の中の澱を浄化することができれば、精神的に安定することもできるかもしれません。一人で悩み続けるのではなく、誰かと共有して、共感することで、自分とは違う向き合い方や考え方などを知り、その悩みに対して少しでも心を強く向き合えるようになれるかもしれません。私たちは「心」ひとつ、考え方ひとつで、さまざまなことを乗り越えられる生き物です。「意志」のチカラは時に通常では考えられないような行動力を私たちに与えてくれたりもします。気持ちの持ちようで何事も楽になったり、苦痛になったりするものです。その「気持ち」を作るために、人の手を借りたり、共感しあうことが必要だったりするのです。

コミュニティをつくることは、私たちの基本です。コミュニティに参画することで、自分だけでは気がつけないこと、考え至らなかったことに辿りつくことができるようになるのではないでしょうか。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る