かつらでコンプレックス解消

コンプレックスがまた薄毛を促す

精神的な「負荷」は、少なからず身体に悪影響を及ぼします。「悩む」ことは私たちの精神活動の正常な一面なのかもしれませんが、その「悩み」があまりにも深いところまで至ってしまうと、やがて肉体にも変調をきたすようになります。

「コンプレックス」などというものは誰にでもあるもので、大小それぞれ、内容もそれぞれです。普通であれば日々の暮らしの中で、ふとした瞬間にそれが気になったりするだけで、別にずっと悩んでいたり、何も手がつけられなくなるほど思い込んだりすることはあまりないのかもしれません。普段は仕事をしていたり、勉学に励んでいたり、趣味に没頭したりと、「ポジティブ」なことに専念していることが多く、その間はあまり自分の悩みに対して意識を向けていないことが多いです。その間は悩みのことなどは忘れて、それぞれの意識は穏やかでいるものです。

ですが、そのコンプレックスがふとした瞬間に意識してしまうようなものであれば、例えば鏡などを見る度に自覚してしまうものであったり、人の視線を意識する度に自覚してしまうものであったりすると、何気ない瞬間にすぐ自分の「忘れたい部分」を思い出してしまうもので、そのようなことがある度にどんどん心が冷めていくのです。その度にその時行なっていたこと、考えていたことから冷めてしまい、暗い思考が頭を駆け巡りはじめるのです。

そのようなことがいつも「繰り返される」ことは知らず知らずのうちに「ストレス」になってしまい、心がどんどん疲れていくのです。そしてその「心が疲れている」という状態が「常」になってしまうと、いつしか笑わなくなったり、人とうまくコミュニケーションできなくなったりします。コンプレックスが外見に起因することであればあるほど、「人」に触れ合いたくない、などの意識が湧いてしまうものです。誰にも見られたくない、会いたくない、そのような気持ちがエスカレートしてしまうと、引きこもりになったり、何もしなくなったり、社会性の破綻すら招くのです。

そしてそのようなストレスが身体に悪影響を及ぼすことになります。「薄毛」のストレスで「円形脱毛症」などの脱毛現象などが引き起こされてしまうと、薄毛が薄毛を呼ぶことになり、悩みからは永遠に解き放たれないのです。

実は悩んでも悩まなくても「その事象」に変わりはありません。悩んでいても、何も考えなくても、状況が変わるということはないのです。状況が変わらないのであれば、「悩むだけ損」ということもあるのです。考えても仕方がないことの方が多いもので、特に身体的な悩みに関しては、何をしても、どう考えても、解決はしないのです。そのようなことのために心を痛めて、それによって身体に変調をきたすなどということは、「もったいない」ことではないでしょうか。

コンプレックスによってストレスがたまり、それがさらに「痛い部分」を悪化させる。そのようなことは実際起こり得ることです。それを回避するためには、「考え過ぎないこと」が一番大切です。考え過ぎてしまう性格の人や、何事も笑い飛ばせない人など、物事を深く捉える人ほど、このようなことに陥りやすいのです。自分がそうなっていないか、一度自問してみましょう。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る