かつらでコンプレックス解消

誰にでもコンプレックスはある

誰もが時に悩み、時に焦り、自分のことが嫌になったり、どうしようもなく他人のことが羨ましく感じたりするものです。そのようなことは「誰にでも」あることなのです。

自分だけが不幸なのではないか、自分だけが恵まれていないのではないか、他の人はもっと笑顔でいるのではないか、そのようなことが頭を駆け巡るときは誰にでもあります。ですが、ちょっとしたことでそんなモヤモヤが晴れたり、ちょっとしたことで思い違いだったと気がついたりするのです。ですが、「コンプレックス」に至っては少し違います。鏡を見れば、或いは自分の身体を意識すれば、自分の「嫌な部分」がどうしても目に入ってしまう。どうしても意識してしまう。そのようなものです。

「自分はこうだから」とか、「他の人よりも劣っているから」ということが繰り返されると、だんだんと自分のことが嫌いになってしまうのです。「こんな身体に生まれなければよかった」などと、考えてしまうものなのです。ですが、それも実は「誰にでもあること」なのです。自分自身に完璧な自信を持っている人など、世の中にはいないものです。みんな、どこか、なにかを「嫌」だと思っているものです。それは内面的なことかもしれませんし、外見的なことかもしません。自分が「嫌」だと思ったことは、ずっと嫌かもしれませんし、ちょっとしたことで180度変わって好きになるかもしれません。

わかってほしいのは、どのような事であれ、誰もが迷っていて、誰もが新しい自分の「変化」に対して戸惑い、ときには「嫌悪」しているということなのです。それは自分の行動を自分で嫌だと感じるのかもしれません。ただ、それは自分が得た新しい「責任」で、自分がどうしても乗り越えなければいけないことであれば、向き合うしかありません。短調な仕事ばかりを与えられるようになったとしても、それに対して自分を順応させなければ、「仕事」にならないこともあるでしょう。

歳をとってシワが増えてきたと感じても、嫌だと思っても時間を巻き戻すことはできないものです。嫌だと思っても、ずっとそのように変化しつつある自分と向き合うほかないのです。誰もがそうです。「ずっと同じでいられること」の方が少ないのです。私たちはそのようなことに翻弄されながら、克服されながら、誰もが同じ感覚を味わいながら、日々過ごしているのです。もちろん、努力でどうにかなることであれば、解決しようと奔走することもあります。

ですが、どうにもならないことであるのならば、それは「受け入れる」しかないのです。「いつか解決かもしれない」という希望はあります。だから、その日がくるまでは、そんな「今」の自分を好きになるしかないのです。それが私たちにできることです。それが私たちに必要な「生きていくための強さ」なのです。迷いながら、悲しみながら、嫌悪しながら、私たちはひとつずつ強くなっていくのです。そうすることで、私たちはまた新たな視点や考えを得ることができるのです。「自分だけ」が辛いのではないということ、誰もが迷っているのだということ、そう考えるだけで、少し楽になれるのではないでしょうか。私たちは自分自身の枠組みを規定することはできても、その通りに生きることはなかなか難しいのですから。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る