かつらでコンプレックス解消

自分だけではどうしようもできない薄毛

「薄毛」になってしまうメカニズムは完全に解明されたわけではありません。毛根の寿命がきたのか、それとも何かの理由で頭髪が生えてこないのか、その原因は完全には解明されていないのです。

だから民間療法をはじめさまざまな「薄毛治療」の方法論が世の中には溢れているものなのです。それは「ビジネス」として成立させている大規模なものもあれば、伝承や風聞などで「なんとなく良い」とされていることまでさまざまなのです。私たちは自分が「薄毛」であると気がついた段階でそれらのことに対して前向きに取り組むようになります。それらのひとつひとつは私たちの「希望」でもあるのです。何かひとつの手段が「効果がない」ということになったとしても、「また別の方法がある」という具合に、次から次へと試すことができるのです。

それが専門的な研究結果に基づいたものであれ、ただの「ウワサ」のようなものであれ、私たちにとっては「可能性」でしかないのですが、私たち自身でそれらを生み出すことはできないのも事実です。ウワサであれ、迷信であれ、そのようなハナシが出てくるということは、何かそのきっかけになったような事例があるのではないかと、考えたくなるものです。誰が言い出したものかはわからないものの、そのような情報が出回るのには何か「ワケ」があるはずだと、誰もがそう思うのです。私たちは便利なもので、自分が「そうであってほしい」と潜在的に考えることに対しては「そうであれ、そのなってくれるに違いない」という希望的観測をするものです。対して自分が「そうであってほしくない」と考えるようなことについては「そんなことはあるはずがない」と、否定的になるものです。私たちはワガママで、楽天的です。自分が希望することが「そこにあるはず」と決めつけ、そこに対して「希望」を持てるのです。

自分だけでは薄毛の原因も対処方法もわからないものですから、だからこそそれらの情報に対して敏感になるものです。「何か自分に合う方法はないものか」と、探すものなのです。それがどのようなものであれ、感覚的に「成功だった」であるとか、「失敗だった」であるとか、そのようなことを考えてしまうものなのです。そこに何か裏打ちとなる「情報」があってはじめて、それを実践する気にもなるもので、自分だけで独自に対処方法を考えるということはあまりしません。さらには現在では「インターネット」という便利なものがあるため、調べればいくつもの対処方法がそこに並ぶのです。その中からひとつひとつ、自分が気に入る方法を試せばいいというわけです。

情報があるということは、誰かが流したということです。それを「流す」ということは、その情報に対して何らかの「シェアすべき点」を見出したということでしょう。「良い」にしろ「悪い」にしろ、誰かに伝えたほうが良いと思ったから、その情報を流したわけです。インターネットで調べて出てくるということは、そのような「何らかの価値」を持った情報であるということです。私たちはそれぞれにそれらの情報を取捨選択しながら、自分なりの薄毛対策を実施するものです。その結果がどうあれ、それを施している間はポジティブでいられることに変わりはないでしょう。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る