かつらでコンプレックス解消

いつか完全な発毛剤ができるはず

楽観してもいいというわけではないのですが、「いつになるのか」ということは断言できないのですが、私たちが「自分の頭髪を守りぬきたい」と考える限り、必ず誰かがそれを実現する育毛剤を開発します。

それは「望む」ということは私たちが「発展」するための原動力であるからで、私たちの世の中はそのようにして発展したからです。私たちはいつもそのようにして何かを発明してきたのです。いつもそのようにして何かを得てきたのです。それは「誰かが諦めないから」であり、「誰かが望んでいるから」でもあります。人間は不思議なもので、「生きているだけでは全然足りない」のです。自分が望む何か、「こうああって欲しい」と考えた何かは、実現しなれば気が済まないのです。それを開発することに心血を注ぎ、実現することに「生きがい」を感じる人がいるのです。私たちの暮らし、いつも使っているものの数々は、そのような「諦めない人」によって作られた「希望」の結晶でもあるのです。

ですから、この世に「頭髪に対するコンプレックス」がある限り、それは解消されるまで研究が続くのです。現に、頭髪だけではなく「まつげを伸ばしたい」というような美容目的のための薬品であれば実現されています。それは偶然から生み出されたもので、本来緑内障の治療に使われていた薬の「副作用」としてまつげが伸びてしまうということが発見され、まつげ美容の目的でそれを使ったり、望まずしてまつげを失ってしまった人の治療に使われたりしています。それは「偶然」による発見ではあったものの、そこに「まつげ」に対する希望があったために、医療目的から美容目的に切り替えて使われるようになったのです。

私たちの希望、研究し続ける心は、何事も「諦めない」ものなのです。少しのチャンスも逃さない、「何かに活かせるのではないか」と考えるものなのです。私たちの技術力は、動物をはるかに超える速さで地上を駆け抜けることができるようなものを発明したり、重力から解放されて宇宙に飛び出したりと、さまざまな「夢」を実現してきました。その私たちが、人類が、「頭髪の悩み」を解消できないわけがないのです。実際には部分的に頭髪を復元することに成功していて、それでコンプレックスから解消された人もいるのです。あとは「すべての人」が、「すべての薄毛」が、解消できるようにするだけです。

薄毛のために悩み、毎日頭皮を鏡でチェックするような時代は終わるはずなのです。なぜなら私たちが「望んでいるから」です。望んでいる限り、それを「諦めない」人がいて、その人たちによって私たちの悩みは解消されるはずなのです。その日まで、個人レベル、組織レベルでの「薄毛との戦い」は続くのでしょう。ですが、その先の未来は必ず明るいのです。ですから「悲観」しなくてもいいのです。今はかつらで隠しているのだとしても、いつの日が自分の頭髪で、昔のように自然な髪型を楽しめる日が来ます。その日まで、少し不便かもしれませんがかつらを装着してしのぐのです。「ずっとこのまま」ではないと考えれば、「今多少不便」であっても希望が持てるというものです。人類の技術は、必ずこのコンプレックスを解消するはずです。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る