かつらでコンプレックス解消

髪の生えている方向を考える

自然な髪の毛には「生えている方向」があります。それが総体としての頭髪の「流れ」を生み出しているものです。その頭髪の「流れ」は誰にでもあるもので、人の「髪型」は自然とそれに沿うように出来上がっているものなのです。

その「髪が生えている方向」を考えること、それに沿うようなかつらを装着することで、より自然な状態を保つことができるのです。そのためには、まず「自分の髪の毛の流れを知る」ということが何よりも必要です。それはある程度の長さを維持していなければ気がつけないことでもあります。ずっと短髪でいて、髪の毛が「立った状態」であることが普通だった人は、なかなかこの「髪の毛の流れ」というものを知ることが出来ずにいたでしょう。

そのような人でも、まずは自分の「つむじ」の部分を確認してみることからはじめるといいでしょう。誰にでもつむじはあります。人によってはそれが「ふたつ」ある人もいるほどです。そのつむじから螺旋を描くようにして髪の毛が生えているものです。それがあなたの「髪の毛の流れ」です。これに極力沿う形のかつらが、より自然ということです。

ですが、市販されているかつらの数にも限りがあります。自分のためだけにオーダーメイドするのでなければ、なかなか100パーセント合った形のかつらを見つけることは難しいのではないでしょうか。ですから、「極力」なのです。そして、かつらはあらかじめスタイリングされているものがほとんどです。ある一定の髪型を保ったかつらがほとんどなのです。ですから、「自分に髪の毛があったらどのような髪型にしていただろう」ということを考え、それに近いかたちのものを選びましょう。そのようなものを見つけるのはある程度時間がかかるかもしれません。ですが、時間がかかったとしても、そのようなものを見つけることが後々の「自然さ」につながるのです。毎日かつらをつけるのだとしたらなおさらです。違和感のあるものを毎日つけていては、精神的にも健全な状態を保てないでしょう。

髪の毛は私たちの身体の一部です。私たちの身体はひとによってバラバラなのです。同じようでいて、全然違うのです。そのようなことを考えれば考えるほど、「かつらを選ぶ」ということは自分の身体の一部を再現することなのだな、と実感できると思います。選ぶのは帽子ではないのです。自分自身を再現するための、重要な要素です。まずは髪の毛がどのように生えているのか、生えていたのかを自分自身で研究すること、そして普段目にすることがない自分の頭頂部や後頭部、そして側面から見た様子などを自分で確認してみることです。「人からどのように見えていたのか」ということを、自分で確認してみることです。客観的に自分の頭を確認することで、より自然なものを選ぶことができるでしょう。

かつらをつけるということは、「本来あったものを他のもので補う」ということです。本来あったものがどのような形で存在していたのか、それを知らないことには再現のしようもありません。そして、誰にも相談しないのであればそれは自分で見つけるしかないのです。自分の頭髪には、自分で責任を持つしかないのです。かつらをつけるということは、そういうことです。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る