かつらでコンプレックス解消

根本的な解決は発毛

隠すこと、誰にもバレないようにすること、そのようなことを続けていても、実際は変わらないのです。実態は同じです。薄毛の解決方法は、ひとつしかないのです。

それは「髪がはえること」にほかなりません。どれだけ上手に隠しても、どれだけ人に気がつかれなくても、かつらは「ニセモノ」です。自分の髪ではないのです。家に帰ってそれを外すときがくれば、自分でもわかることです。その度に、また暗い気持ちになります。「また明日も隠すのか」と。そのようなことを繰り返すだけでは、何も進展しません。その日その日を、かくしてしのいでいるだけです。

根本的な解決を目指すことが大切です。「髪が生えてくること」そのための努力を惜しむべきではないのです。「べつにもう生えなくてもいい」ということであれば、別に構いません。ただ、ずっと隠すことになります。それでもいいのであればまったく問題ありません。女性がメイクをするように、自分も「無いものを補っている」と解釈できているのであれば、特段問題はありません。ただ、技術の進歩は目覚ましいものがあり、一年前になかったものが今年はあり、昔では考えられなかったようなことが今では実現されています。

「今」想像できなくても、明日には新しい常識が生まれているかもしれない。そんな時代です。どのようなことも可能性はあるのです。手のない人が、自分の意志で自由に動く義手をつけるようになったり、視線だけで操れるコンピューターが登場したり、時代は物凄いスピードで進化しています。「自分の髪がほしい」ということは、潜在的にはかなり多くの人が持っている希望です。人が望む限り、それが解決されないわけがないのです。人が望む限り、それは可能性です。誰かが、何かが、解決してくれるかもしれないのです。

体質によっては、すでに改善の兆しを得ている人もいるものです。ですから、どうしても悩みが晴れない、どうしてもかつらのままでは嫌だということであれば、それは「試してみる」べきなのです。自分に合う方法かどうかはわかりません。もしかすると解決しないかもしれません。それでも、試してみる価値はあるのです。試さない限り、「可能性はゼロ」のままです。「自分はもういい、ファッションとしてのかつらを楽しめれば良い」という方でなければ、「発毛」自体に「価値」を見出せないという方はいないのではないでしょうか。「本当はあるはずのもの」、「あるはずだったもの」に、未練は必ずどこかにあるはずです。

コンプレックスは誰にでもあります。ですが、その中で頭髪の悩みというものは「もともとあった」という特殊なものです。「太ってしまった」ということであれば、ダイエットすればいいのです。「地味と言われる」のであれば、オシャレをすればいいのです。ですが、自分の頭髪が減ってしまうことに対する抜本策は、今はまだありません。だからこそ、みんなが希望を持ち、待望することで技術の発達を促進することができるのではないでしょうか。諦めてはいけないのです。

人の「意志」は「チカラ」です。意思は時代を動かすほどのチカラがあります。私たちが望めば、私たちの暮らしは変わるのです。新しい「常識」すらも、実現することができるようになります。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る