かつらでコンプレックス解消

薄毛は自然の流れ

健康な身体を持っていたとしても、年齢を重ねれば「薄毛」にはなるものです。それはある意味「自然」であるということです。ですが、私たちはそれをよしとしない「自分の望み」というものがあるのです。

誰もが自分が望んでいる「自分」になりたいものです。自分の理想があって、それに近づくために自分で邁進しているものです。自分が考えている自分が「今」の自分とは違うのであれば、そのギャップが「自分を磨く」ための動機なるのです。「動機」があれば、人は目的に向かって邁進することができるものです。目的に向かって邁進することは、私たちにとってはしても大切なことです。私たちは生まれてからさまざまなことを学び、その上で自分の好きなことをできてしまえる時代に生きています。「働く」ということは「当たり前」のことで、ただ一生懸命働けば生活することができるようになっているのです。それは私たちにとっては「普通」のことで、「生きる」ということは何の障害もないはずの「常識」になっているのです。

ですがそれだけでは「足りない」のが私たちで、生きている間に「何かしたい」と考えるものなのです。それは趣味を極めるということであったり、おしゃれを楽しむということであったり、娯楽を存分に味わうということであったりするでしょう。それらの取り組みをさまざまに重ねながら、私たちは充実した毎日を送ろうと「必死」なのです。それらのことが満たされなくても、「生きる」ことはできるにも関わらず、です。それは私たちに「欲」があって、少しでも今よりも良い生活がしたい、少しでも今よりも充実した毎日を送りたいという願望があるからです。ただ生きているだけでは、それが満たされないということでもあるのでしょう。

だから「髪が薄くなる」ことがどうしても嫌だという人もいるのです。自分の頭髪が再生するのであれば、どれだけの出費も厭わないという人がいるのです。そのような人がいて、そのような人を取り巻くビジネスがそこにあるわけです。娯楽にしても、ファッションにしても、それを望む人がいるからそこに「ビジネネス」があるのです。この世に「お金を払わなければできないこと」は沢山あります。中には「なぜそんなものがあるのか」と、理解できないようなことも沢山あるのです。ですが、そのようなビジネスがそこにあるということは、それを望む人がそこにいるということです。それを望む人がいるから、それがビジネスとして成り立っているのです。ビジネスとして成り立つということは、利潤も回収できるということです。誰かがそれで儲けて、生活できるということなのです。

「頭髪が薄くなるのは絶対に嫌だ」という気持ちは、自然に抗うものではあっても、それは隠し切れない私たちの希望です。そして、その希望を叶えるために世の中にはかつらをはじめとしたさまざまなアイテム、サービスがあるのです。そこに対価を投じてもいいという私たちがいる限り、それはなくなりませんし、「自然なことだ」という解釈だけではどうしても納得できない私たちがそこにいるのです。いわば、私たちのそのの「欲」、「希望」は、世の中を発達させるための原動力でもあるのです。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る