かつらでコンプレックス解消

さまざまなタイプのかつら

人によって髪の毛の「薄くなる度合い」は異なります。男性であればだれでも少しは額が後退するものです。また、こめかみの上の部分、いわゆる「そりこみ」の部分が少し広くなったりするものでしょう。

髪の毛が薄くなってしまう、その進行の仕方も人によってさまざまです。私たちはそれぞれ体質が異なるものですから、違って当然なのです。例えば頭頂部から薄毛が進行したり、額の方から進行したりと、バラバラです。それをフォローするための「かつら」も、さまざまなものがあって当然です。自分にあったものを選択する余地があるほど、現代における「かつら」は人のニーズを満たしているものなのです。それほど、その種類は多岐にわたる
ということです。

かつらを着ける際の「ニーズ」として、「より自然に見える」ということが挙げられます。それは自分がまるでかつらを着けていないように見える、そしてまるで自分の髪の毛であるかのような自然な装着感が必要です。「ニーズ」がある限り、それを満たすための技術は進歩し続けます。水に濡れても大丈夫であるということや、風が強くてもびくともしないということ、つまり「着けている感じがしない」ということを追求して作られているものもあるのです。

頭のうちの特定の部位をフォローするため、例えば頭頂部だけであるとか、生え際だけをボリュームアップしたい場合は、もしかすると「かつら」では無いほうがいいのかもしれません。自毛がまだ残っている場合、それを塞ぐ形の「かつら」では、「今ある髪」に対して悪影響を及ぼしてしまうかもしれないのです。そのようなものよりも、自毛を「増量」するように見せることのできる「植え付け」の方が適しているかもしれません。それは「かつら」ではない、また違った選択肢となります。そのようなタイプであれば、まさに自毛そのものに見えるものですから、誰からも「かつら」と気づかれてしまうことはないでしょう。

また、経年によって髪が薄くなってしまうこととは別に、心的な要因やなんらかの疾病の影響で、同様に髪の毛が抜けてしまうこともあるものです。それは一時的なことであり、やがて完治すればまた生えてくると想像できるものなのですが、それでも「今」の暮らしの中でそれを補いたいというような場合もあるでしょう。そのような症状は男女問わず発生するもので、病気のためとはいえ心が参ってしまう原因にもなります。ただでさえ病気で参っているのに、さらに髪の毛などで悩んでしまうと、まさに二重苦とも言える状態です。

そのような状態を打破するためにも「かつら」は役に立つもので、さまざまな人の心を癒す力を持っているといってもいいでしょう。「かつら」を着けることで少しでも気持ちに余裕ができたり、周囲の目を気にしなくても良くなったりするのであれば、かつらは存在以上の価値を持つことになります。誰もが心の重荷から解き放たれたいものです。そのために自分にできることであればなんでもやっているものです。ですが、「自分ではどうしようもないこと」も沢山あります。「かつら」は、そのうちの「髪の毛」という部分を補うためのすばらしいアイテムなのです。かつらをつけることで少しでも気が楽になるのであれば、それはそれでいいのではないでしょうか。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る