かつらでコンプレックス解消

薄毛治療とかつら

誰もが「突然髪の毛がなくなる」というわけではありません。頭髪が薄くなっていき、やがて誰が見ても「薄い」、または「ハゲ」と言える状態になるまでには、相応の時間がかかります。

薄毛になってしまう理由、原因としてはさまざまなものが挙げられますが、その根本的な原因が解明され、医学がそれを乗り越えたわけではありません。私たちは、特に男性は、みんな等しくそうなる「リスク」を持っていて、誰もが将来「髪が薄くなってしまうかもしれない」という不安を抱えているものです。髪の毛があるのとないのとでは、「見た目」の年齢に大きな差が付くものです。私たちは自分のオシャレを楽しむために、誰に見られても「本当の自分」と言い切れるように、常に自分を磨いているものです。

自分で「薄毛だ」とは気がつくタイミングと、人が見て「明らかに」と気づかれるタイミングはだいぶ違います。多少薄毛になったとしても、髪型でどうとでもごまかすことができます。要は「自分しかそれとわからない状態」でいることができます。私たちはそのような状態でいる時にはすでに、「薄毛の解消治療」をしていることでしょう。まだ誰も気がついていない状態のときに、どうにか頭髪を以前の量にまで戻せないかということを考えるものです。

心理的には、この頃にはすでに「正常な髪の量とはどれくらいだったか」ということがわからなくなっているものです。ですから「頭髪」のことに関して神経が過敏になり、人が全然気にしないようなことを自分でわざわざ掘り起こして気にしてしまうような状態です。精神的にもストレスを抱えこんでしまい、「そのまま頭髪が減ってしまうのでは」という不安を抱えながら、日々暮らしていることでしょう。頭髪の量の変化というものはそれ自体がものすごく緩やかであるために、自分ではしっかりと「正常値」をわからないものなのです。それはそのときの「髪型」などでも左右されますし、「髪が多い」、「髪が少ない」ということは人から言われて初めて自覚できることでもあります。

そのような状態のまま頭髪が減っていき、やがてかつらをつけることになったとしても、それで諦める人というのは案外少ないものです。かつらをつけるということは、「髪の毛があった方がいい」と考えているということですから、「自分はこれでいい」ということではないのです。ただ、どうしてもかつらをつけなければいけないほどまでに髪の毛が減少してはじめて、本格的な「治療」に乗り出す人もいます。ただ、そのタイミングでは少し遅いかもしれません。頭髪が薄くなってしまう原因の中に、「頭皮の痛み」、「頭皮の汚れ」というものがあるのだとしたら、もしかするとしっかりとしたケアで進行を防げたのかもしれません。ですが「かつら」をつけているような状態は頭皮にとってもリスクでしかないものです。出来ればそうなる前にしっかりとケアをしておきたいものでした。

また、「人に検査してもらう」ということで、その時の状態が「正常」なのかどうかもわかるというものです。自分の基準で「昔はもっと多かった」と考えるのは自由なのですが、それに振り回されてしまい、不要なストレスを感じてしまっては「損」なのです。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る