かつらでコンプレックス解消

「増毛」という選択肢

かつらをつけるのは、「失った頭髪」を補うためです。だれのせいでもなく、遺伝的に、生理作用として抜け落ちてしまった自分の頭髪を、再現するためにかぶるのです。

ですが、いきなり髪の毛がごっそりなくなってしまうわけではないものです。それは疾病を伴った場合などに限られるもので、通常は「徐々」に髪の毛が少なくなっていくものです。それはあまりにゆるやかであるため、日々自分の頭髪をチェックしていてもなかなか気がつけないことです。さらには自分の頭頂部などは自分ではなかなかチェックできないものです。普通であれば、「チェックしない」部分でもあります。

ですがこれがある日突然、驚きとともに実感として「髪が薄くなった」と気がつくのです。毎日自分の姿を見ているはずの「自分自身」で気がつくのですから、それは明らかな変化でしょう。もしかすると、自分をよく知る人も気がついているかもしれません。ただ、それでも「薄い」という次元です。明らかに頭髪のボリュームが減った、という程度で、「頭髪がない」という状態ではないのです。そのような状態、つまり「薄毛」の状態では、かつらをかぶるほどでもないのです。ただ、そこからの毎日は「今日も少なくなっているのか」と、減りゆく頭髪を惜しむように観察する毎日になってしまうかもしれません。

もしかしたら、まだ増やせるかもしれないのですから、「かつら」をかぶるということはなんだか「負け」のような気がしなくもありません。ここで諦めてかつらをかぶってしまうと、さらに自然な頭髪が減ってしまう気がしてしまう気持ちがわいてくることでしょう。

世の中にはさまざまな「増毛」の技術があります。つまり、今はえている自分の自然な毛髪に、プラスするかたちでボリュームアップさせる方法です。そのような方法をとれば、自分の髪と同様に、自然な形で、頭髪のボリュームアップが図れるのです。それは徐々に行うことも可能です。頭髪が薄くなってしまった期間の逆をたどって、誰にも気がつかれないように少しずつ増やしていくこともできるのです。もちろん、それは人工的な施術ではあるのですが、かつらとは違い、24時間ずっと装着されているものです。まるで自毛のように扱うことができます。

かつらではなく、そのような増やし方をすることで、いつでも同じ状態を保つことができます。もちろん、自毛の部分は「伸びる」ものですから、ある程度こまめなメンテナンスは必要なのですが、家族の前でも、職場でも、同じ姿でいられるのです。頭が蒸れることもなく、いつ鏡を見ても理想的な自分がそこにいることになるのです。そのような取り組みは「薄毛」の状態であれば可能です。そしてそのような増毛を続けながら、薄毛を解消するための治療方法を探るということも可能なのです。かつらをかぶることがそのまま頭皮に悪影響を与えるわけではないのですが、「ずっと帽子をかぶっているようなもの」と考えると、「頭皮に良い」ともいえないでしょう。なるべく自然な状態に保つためには、余計な負荷をかけないことが大切です。まだリカバリーができるのでは、と考えられる「薄毛」の状態であれば、かつらではなく、「増毛」を検討してもいいのではないでしょうか。

かつらでコンプレックス解消Topへ戻る

ページのトップへ戻る